素材と価格

ブライダルリングの素材と価格に関して考えてみましょう。まずブライダルリングの素材は結婚指輪と婚約指輪は大体同じにする場合がほとんどです。一番人気のある素材ははやりプラチナです。素材としては価格は高いものですが、変色しにくい、変質しにくいという面で抜群です。またブライダルリングの多くがダイヤを使用することもあって銀色のプラチナが一番人気ということになります。もともとは柔らかく変形しやすいため、パラジウムなどの金属が少し混ざった純度100%でない方がおすすめです。

次に人気なのがゴールドです。やはり銀色系より金色系の方が好きだという人はゴールドの方が良いかも知れません。コールドも24金は柔らかく変形しやすいので向きませんが、18金は固さもあり、変色しにくく素材としてもおすすめです。ゴールドにはイエローゴールド、ホワイトゴールと、ピンクゴールドという3つの色の違うものがあり、上手に合わせたデザインのものもあります。イエローゴールドは大体18金を指しますが、黄色人種にはぴったりの色です。

ホワイトゴールドは銀色ですが、長期間使用しているとパラジウムなどのメッキが掛かっているのでメンテナンスが必要です。価格は18金より3割以上安くなります。ピンクゴールドは金に銅を混ぜたもので、色がピンク系で強度も抜群。ただしこの強度がサイズ変更ができない特徴にもなっています。

パラジウムはプラチナより安く、見た感じはとても似て耐久性にも富んでいます。ただし重さはプラチナの半分ぐらいです。また金属アレルギーの人にはチタンがおすすめです。変質、変色に強く耐久性も金属です。色合いは少しグレーっぽい深みのあるシルバーなので、個性的なデザインにしたい人にもおすすめです。

一緒に購入

婚約指輪と結婚指輪の価格的なバランスは、大体婚約指輪が30万円前後に対して、結婚指輪はペアで20万円前後というバランスが一般的です。特に婚約指輪と結婚指輪を一緒に購入すると全部で3つとなり、割引きしてくれるジュエリーショップもたくさんあります。逆に購入の前にそのようなサービスがあるか聞いてみるのもおすすめです。婚約指輪は男性が女性にプロポーズのときに渡すという方法もありますが、最近は女性も自分の好みのものが欲しいということで、プロポーズが終わってから一緒に購入するカップルが増えています。特にそんな購入の時間も婚約中の楽しい思い出となるのではないでしょうか。

そして3つを一緒に購入することで、より安く良いものが購入することができるのです。結婚指輪と婚約指輪を一緒に購入すると、この二つを一緒にはめると驚くほど華やかになるデザインなども人気があるのです。婚約指輪だけでは、少しシンプルなものとなりますが、二つが重なると本当におしゃれなデザインに作られたものもいろいろあります。別々に購入してはこのようなタイプのものは購入できません。このタイプのデザインの人気なところは、婚約指輪を安く抑えられること。やはり結婚指輪と婚約指輪は一緒に購入した方がお得に購入できるのです。

参考リンク・・・婚約指輪
婚約指輪販売をしている“ガラ おかちまち”です。

ブライダルリングについて

ブライダルリング、エンゲージリング、マリッジリングと、何となく分かるけど何となく分からないネーミングのリングの区別はついているでしょうか?エンゲージリングはいわゆる婚約指輪のことです。そしてマリッジリングとは結婚指輪のこと。そしてこの二つを合わせてブライダルリングと言います。これらのブライダルリングは絶対に購入しなければならないものではなく、2人の気持として必要ないのであれば当然用意することはありません。しかし結婚式のときにはリングの交換があるので、やはり結婚指輪は購入しておきたいものです。多くの場合エンゲージリングとマリッジリングの両方を用意する場合が多いので、これらブライダルリングについてご紹介しましょう。

価格的にもこれは個人差があって当然ですが、ある調査では41%の女性が価格はいくらでも問題ないと答えており、28%が20~30万のものが欲しい、19%が10万円台でいい、6%が50万円以上という結果となっています。そして現実には30~40万円台が多いとも言われています。結婚指輪の場合は2人で10万円~20万円台が多いと言われています。そしてブライダルリングを選ぶポイントとしてデザイン、素材、品質、価格を中心に選ぶ人が多く2割ぐらいのカップルはブランドやテイストにも意識をして選んでいると言われています。これからブライダルリングを選ぶ場合はまず予算を決めてから、自分たちは何を重視するかによって選ぶようにしましょう。